会社の財産

会社従業員

事業運営

法務

税務・財務

海外進出
ショートカットメニュー
トップリスクコンシェルジュとはリスクの種類と対策特集コラムセミナー

リスクの種類と対策

企業経営を脅かすリスクの代表的なカテゴリーをリストアップいたします。
各カテゴリーのリンクから各リスクの性質、具体例、事前事後対応策の概略を見ることが出来ます。
こちらのリスト以外にも様々なリスクがありますので、具体的なケースがありましたらお問い合わせください。

会社の財産

火災リスク、地震リスク、盗難リスク、自動車リスク

法務

コンプライアンス、ハラスメントリスク、株主代表訴訟関連リスク、知的財産関連リスク

会社従業員

労働安全衛生、新型インフルエンザ、メンタルヘルス
企業を脅かすリスク

税務・財務

税務リスク

事業運営

内部統制、製品安全(製造物責任リスク)、リコール、情報管理リスク(個人情報保護)、事業継続リスク、サプライチェーンリスク、CS・苦情対応、事業承継リスク、食品安全

海外進出

海外進出リスク、海外知財リスク

会社の財産

火災リスク

古くから認識されている「代表的リスク」であり、通常は火災保険などを手配して、火災事故に備えておられる企業がほとんどです。しかしながら、ただ保険を掛けるだけでは不十分であり、発生しないように対策を採ることが最も重要です。
btn_detail.gif

地震リスク

1995年阪神淡路大震災、2011年東日本大震災をはじめ近年日本各地で地震被害が発生しています。地震対策としては、管理体制(ソフト面)と耐震対策(ハード面)の両面が必要であり、日頃からの準備が、発生したときの被害を最小限に抑えるポイントと言われています。
btn_detail.gif

盗難リスク

連日のように、盗難事件が報道されています。企業が安定して事業を継続・発展していくために、これら盗難を未然に防止するための、あるいは万一発生した際の損害を極力軽減するための防犯体制を強化していくことがきわめて重要となります。
btn_detail.gif

自動車リスク

業務用車両での自動車事故が発生すると、企業には直接的・間接的な様々な損失が発生することは避けられません。安全管理、及び事故防止対策への取組は企業利益に大きく影響する可能性があります。
btn_detail.gif

会社従業員

労働安全衛生

企業にとって労働災害は、人材という貴重な資産を傷つけるだけでなく、刑事責任を追及されたり民事訴訟による高額損害賠償金の支払にもつながることもあり、安定した経営基盤を構築するためにも安全衛生管理は企業経営の重要事項であるといえます。
btn_detail.gif

新型インフルエンザ

近年、新型インフルエンザの世界的な流行が懸念されています。単に従業員の感染を防ぐだけでなく、感染拡大の防止、取引先への対応、風評被害への対処、感染者の増大によって多数の従業員が休業した場合の事業継続など、様々な観点を踏まえて事前準備や計画の整備を進めることが必要です。
btn_detail.gif

事業運営

製品安全(製造物責任リスク)

近年、国内でも、製品安全に関する不祥事の頻発などにより消費者の関心は非常に高まっており、企業には更に厳格な製品安全対策が求められています。海外では、米国のみならず、アジア各国におけるPL法成立など、PL問題は依然として企業経営の重大なリスクとなっています。
btn_detail.gif

リコール

近年、自動車、家電製品、食品などの製品不具合に際し、リコールに関する判断や対応を誤ったことで、信用を著しく失墜し、企業の存続に関わる危機的状況に発展する例が少なくありません。製品を扱うあらゆる企業において、リコールに関する迅速かつ適切な判断を行うための態勢を確立しておくことが不可欠といえます。
btn_detail.gif

情報管理リスク(個人情報保護)

情報化社会の進展と共に、行政・民間が保有する膨大な個人情報を容易に処理することが可能となり、プライバシー侵害やネット上での犯罪の機会が急増しています。
btn_detail.gif

事業継続リスク

企業は火災事故や地震など様々な事態により事業が中断するリスクにさらされており、万一の事態における損害の最小化や中核事業の早期復旧のためのBCM(事業継続マネジメント)、その具体的計画であるBCP(事業継続計画)の重要性はますます大きくなっています。
btn_detail.gif

サプライチェーンリスク

自社内の品質管理を十分やっていても、委託先も含めたサプライチェーン全体における個々のプロセス(生産・加工・輸送等)の中で生じた事故・問題によって、企業経営に大きなダメージを被ることがあります。自社商品管理の実態把握をした上で、全体的なプロセス管理の強化をしていくことが今後ますます重要になります。
btn_detail.gif

CS・苦情対応

近年、製品・サービスに関する企業への苦情は増加傾向にあります。苦情への対応を誤ると、インターネット等を通じた自社への批判、風評が拡大するリスクもあります。一方で、適切に対応することによって自社製品・サービスの向上・改善に活用することも可能です。
btn_detail.gif

事業承継リスク

事業承継で最も重要なことは、事業承継リスクに対応し、企業の永続性・成長性を維持・拡大をすることです。そのため、経営を基軸に、法務・税務リスクへの総合的対応が必要となります。
btn_detail.gif

食品安全

昨今、食中毒・異物混入等の食品事故に加え、食品偽装事件等、食品に関する不祥事の多発により、一般消費者そして企業の「食」に対する不安は増大しています。食品関連企業は、生産・製造・加工・調理・輸送・販売などのフードチェーン全体の中でそれぞれが担当する分野の「食品の安全」に責任を持つことが大切です。
btn_detail.gif

法務

コンプライアンス

内部統制を構成する要素として大変重要な位置づけのものです。コンプライアンス体制の構築に加え、教育プログラムの策定と実践、社内監査制度の構築、また法令違反・社内不正に関する相談・通報制度(企業倫理ヘルプライン)の構築・運営などが必要とされています。
btn_detail.gif

ハラスメント

パワーハラスメント、セクシャルハラスメントが代表的なものですが、職場環境の悪化による生産性の低下に留まらず、被害者の家族がマスコミに公表するなどして企業イメージが低下するリスクも内包しています。
btn_detail.gif


株主代表訴訟関連リスク

バブル経済の崩壊以降、企業経営をめぐる環境は大きく変化し、経営を担う役員に貸される責任は着実に厳格化しつつあります。会社役員を取り巻くリーガルリスクに対する適切な措置を講じなければ、会社役員だけでなく企業にとっても深刻な事態に発展する可能性があります。
btn_detail.gif

知的財産関連リスク

知的財産権は、企業活動の中核になっています。企業が生き残り、成長するには、紛争以前の段階での知的財産権戦略が必要不可欠な時代になっています。
btn_detail.gif

税務・財務

税務リスク

税務リスクは、企業・個人の財務面に大きなダメージを与えるものです。そのリスクの防止には、経営・法務・税務の総合的な対応が必要です。その秘訣は先手必勝であり、税務リスク管理・税務調査における対応です。
btn_detail.gif

海外進出

海外進出リスク

経済がグローバル化するにつれて、企業にとって海外に拠点を持つことは自然のことになっています。しかしながら、日本国内と投資先国の法制度の違いや生活・文化・習慣の違いによるトラブルに悩まされるケースも増加しています。
btn_detail.gif